50代の女性の中年太りについて

50代の女性というと、今までとは違うからだの変化が訪れます。そう、それは「閉経」です。閉経の平均年齢は50歳なので、50代となれば多くの人が閉経を迎えているということになります。

 

閉経の時期になると始まるのが「更年期」です。個人差はありますが、「更年期障害」に悩まされている人もたくさんいると思います。

 

実は「中年太り」と「閉経」は深い関係にあるというのをご存じでしょうか?今回は、閉経を迎える50代の中年太りについてお話ししたいと思います。

 

閉経すると、「女性ホルモン」の分泌量が大幅に減少します。更年期障害もこの「女性ホルモン分泌量」が関係していると言われていますが、中年太りも例外ではありません。

 

女性ホルモンの分泌量が低下すると、内臓の周囲に脂肪がつきやすくなっていきます。いわゆる「内臓脂肪」です。また、女性ホルモンは脂肪の合成を促進する働きがあります。女性らしいふっくらとした体つきになるよう促しているというわけです。

 

この働きが、20代後半頃までは太ももやヒップに、
そして40代以降はおなかへと変わっていくのです。

 

つまり、50代になるとおなか周辺は内側からも
外側からも脂肪がつきやすい状態だということです。

 

こんな状態を解消する手助けをしてくれるのが、「メタボメ茶」というお茶です。
とても飲みやすいお茶なのですが、美容とダイエット効果がたっぷりと含まれています。

 

脂肪の燃焼を促し、脂肪がつきにくくなるので
「中年太り」で悩んでいる人にはおすすめですよ!

 

500mlあたり54円というリーズナブルな価格も、続けやすいと評判です。
お試しセットもあるので、まずはそちらで飲みやすさなどをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

次のページでは、中年太りを解消する「メタボメ茶」をご紹介します。