女性の中年太りの原因は?

若い頃は食べても食べても太らなかったのに、40代頃から突然太ってしまうことがあります。これはいわゆる「中年太り」というものです。

 

中年太りは老化現象なので仕方がないことというイメージもありますが、40歳になっても50歳になっても、スリムできれいを保っている人もいます。では、「中年太り」の原因とは一体何なのでしょうか?

 

基礎代謝の低下

 

年齢とともに、「基礎代謝」は低下していきます。

 

基礎代謝とは寝ていても消費するカロリーのことで、
わたしたちは呼吸や体温調節などで24時間休みなくカロリーを消費しています。

 

この基礎代謝が低下するので、消費カロリーが若い頃より少なくなるのです。

 

筋肉量の低下

 

基礎代謝同様、筋肉量も減っていきます。
筋肉が減るとエネルギーを消費する基礎代謝も減ります。

 

筋肉がなければエネルギーは消費されないので、
運動をしてもなかなか痩せなくなってしまいます。

 

ホルモンの低下

 

女性特有の原因としては、「女性ホルモンの分泌量の低下」があげられます。
中年と呼ばれる年代の女性は、閉経前後であることが多いです。

 

閉経前後だと女性ホルモンの分泌量は激減し、
おなかや内臓の周囲に脂肪がつきやすくなります。

 

以上の3つが、女性の中年太りの主な原因と言えるでしょう。

 

生活習慣を見直したり、日頃から運動をすることで中年太りは解消することができます。

 

運動が続かなくて…という人は、「メタボメ茶」というダイエットサプリを利用してみてください。
ダイエットに効果的な4つのお茶の力で、脂肪を燃焼しやすくなります。

 

メタボメ茶を飲むだけでダイエットをサポートしてくれるので、面倒くさがりな人にもおすすめですよ。

 

次のページでは、中年太りを解消する「メタボメ茶」をご紹介します。