男性の中年太りとおなかについて

メタボリックシンドローム解消のテレビコマーシャルなどで、
ズボンの上にずしっと乗っかるおなかを見たことがありますか?

 

おなか回りだけがやたらと太ってしまう、そんな太り方をいわゆる「中年太り」と言います。40歳を過ぎたあたりから、一気に体型が崩れてしまったという人も少なくありません。

 

若い頃のジーンズがまったく入らないなど、「体型の変化」は
ほとんどの人が感じたことがあるのではないでしょうか。

 

このような「おなかが出てしまう中年太り」の原因は、
基礎代謝や筋肉量が低下してしまうことだと言われています。

 

年齢とともに、基礎代謝や筋肉量が低下するのは特別なことではありません。
これは1つの老化現象として、誰にでも当てはまることなのです。

 

それでも、年齢を重ねても筋肉質で引き締まった格好いい体型の中年男性もいます。
中年太りでおなかが出てしまう人と、そうでない人の違いとは一体何なのでしょうか。

 

一番の違いは、やはり「筋肉の量」です。
筋肉があれば消費カロリーが極端に減ることはありません。

 

中年太りの原因は、基礎代謝の低下によって消費カロリーを
摂取カロリーが上回ってしまうことです。

 

また、中年と呼ばれる年代になると飲み会などの機会も増えてきます。

 

摂取カロリーが大幅に増えてしまわないよう、
飲み会の翌日は食事量を減らすなどの調整を行えると良いですね。

 

おなか回りの中年太りを効率良く解消するためには、
「メタボメ茶」というお茶がおすすめです。

 

4種類のダイエット効果のあるお茶をブレンドしており、
飲むだけで脂肪の燃焼を促してくれます。

 

メタボメ茶を飲み、それにくわえて腹筋やスクワットなどの筋トレを行うことで、
痩せにくいと言われている中年太りを効率良く解消できるでしょう。

 

次のページでは、中年太りを解消する「メタボメ茶」をご紹介します。